2011年04月 の アーカイブ

~チカラ~

大変長らくブログを御留守にして申し訳ありませんm(__)m
それぞれの今の時代への感じ方、特に『生きる』という事とは何か?というのを今まで以上に考えたのではないでしょうか?
生きるのは当たり前ではなく生かされている、自然からの無償の恵みに感謝の念を忘れていた事への・・・。
今回の大災害で、日本写真芸術専門学校には二人の方が輝いたような気がする。
ドギュメンタリー風景の竹内校長と公害・原発を追いかけている樋口副校長。
どちらも歳をとられて今では丸くなって笑みが見られますが、私は一番ピリピリして怖い時代の二人のギロッっとしたにらみにおびえていながらの授業。
本音を言うと樋口副校長の報道撮影実習は受けたくない授業で、何度も撮り直しがあり、それをサボると首が回らなくなるという大変さ。
そして必ず三脚を持参して、夜景やそこに住む人の家の中も撮らねばならぬ・・・そうした写真を組んだ時の説得力は凄いものというのを知らず知らずの内に叩き込まれました。
写真とはメッセージが籠められていないと伝わらないんだなぁと肌で感じました。
今やれる事は今やる!今しかない!という姿勢は私の財産です。
三月の写真展で竹内師匠が見せてくれた姿は、絶えず努力をしろと叱咤激励されたような気がします・・・。
しかし、竹内さんと樋口さんは仲がいい。
二人で肩をかけながら駅へ向かって帰られたのを学校の2Fから見ていた記憶が鮮明にある・・・。

☆隔月風景写真誌風景写真家1000人のメッセージ特設サイトオープンしました~まわるまわるチカラ強いメッセージと写真が~なんだか万華鏡のようで楽しいな^^;;;
この中に日本写真芸術専門学校のOBは何人いるでしょうかな~?

npi_101_竹内師匠サイン.JPG

▲ページの先頭へ戻る