INTERVIEW

interview

写真の道を目指すすべての人に開かれているのが、日本写真芸術専門学校。
高校・大学・専門学校の卒業生や、留学生、社会人経験者など、個性豊かな仲間と一緒に学びます。
在校生・卒業生に、今までとこれからを聞きました。

Case.1高校卒業後入学

自分が愛し、誰かにも愛される作品を作ることが目標です

入学後大変だったことは?

カメラの知識が一切ない状態で入学したため、1年生の頃は友人や先生に聞いては覚えて…の繰り返しでした。特にスタジオでは、スタジオ機材の使用方法も覚えるため、2年次になっても先生に教わることがたくさんありました。

今後の目標は?

一つひとつの作品をまずは自分が一番愛し、そして誰かに愛されるものを作る(撮影する)ことが目標です。また、自分を通じて誰かのきっかけになれることができたらなというのが人生においての目標です。

よかったこと、楽しいことは?

周りの友人も夢や目標、やりたいことに対し熱心に取り組んでいたため、創作意欲につながりました。たまに写真に写ることもやっていますが、自分の撮影の時の改善点が見えてくるほか、撮るのとはまた違う発見があり楽しいです。

入学希望者へメッセージを。

チャレンジした分だけ強くなれるし、頑張った分だけ伸びると感じた学校生活でした。写真と向き合うことに対して不安や心配が絶える事はないと思いますが、周りがしっかり見守り支えてくれます。お互い夢や目標に向かって頑張りましょう。

上妻千紗

フリーカメラマン、
写真家のアシスタント

Ⅰ部(昼間部)写真科2年制
2019年3月卒業

略 歴
合同説明会で日本写真芸術専門学校から学校説明を受け、写真に興味を持つ。入学後、2018年からライブフォトを始める。可能性を広げるために受けたオーディション「ミスiD2019」岸田メル賞(審査委員個人賞)を受賞。卒業後は写真家・飯田エリカのアシスタントをしながら個人活動も行う。

Case.2留学生として入学

ファッションフォトグラファーになるのが夢です

本校に入学してよかったことは?

学校生活がとても楽しいです。私は学生サークルSHATOに所属しているのですが、ファッションやメイクの学校にもたくさんの友人ができて、一緒に作品撮りをしたり、いろんな経験をすることができました。

印象に残っている授業は?

大野隼男先生のポートレートライティングの授業です。ゲームをするようにチャレンジしながら、実践的な技術が身につく内容でした。とても活躍されている先生で、普段の仕事現場の話が聞けたのが嬉しかったです。

いちばん学んだことは?

写真以外では、日本語です。いい友人がたくさんできたので、日本語で会話することが多く日本語学校に通っていた時よりも上達したと実感しています。4月から学んだ日本語を活かして日本の企業でがんばります!

これからの目標を教えてください。

ファッションフォトグラファーとして独立したいです。SHATOで活動しているうちに、ファッションポートレートの撮影が好きになりました。自分の作風を活かした仕事ができるフォトグラファーになりたいです。

ディン ディン

(株)ライトアップ

I部(昼間部)写真科2年制
2020年3月卒業

略 歴
1995年中国河南省出身。アニメが好きで2016年に来日。友人を撮影した写真がSNSで広がり、いろんなつながりができたことから写真に興味を持って本校へ入学。卒業後はマガジンハウス社の撮影を手掛ける(株)ライトアップへ入社が決定。

Case.3大学卒業後

様々な年代、国籍のクラスメイトと授業を受けて刺激になりました

どんな出会いがありましたか?

1年生の時はクラスに留学生が多く、様々な年齢層の人と出会い、刺激になりました。サークルやオープンキャンパスの手伝いなどで出会った人とも、ラウンジや図書室で授業の情報交換をしていました。

本校に入学してよかったことは?

特別ワークショップで卒業生や大御所の写真家の方に写真を見てもらえる機会があること、また様々な年代、国籍、考え方の人と同じ授業を受け、いろんな作品を見られること、見てもらえたことです。

本校で学んだこと、得たことは?

たくさんいい写真を撮る人がいる中で、自分は何ができるかを常に考えるようになりました。性格や写真の趣味は全く違っても、写真が本当に好きというだけで仲良くなれた友人たちと出会えたことも大きかったです。

入学希望者にメッセージを。

私は大学を出てから専門学校に入り直しましたが、そういう道もありだと通って実感しました。もし、将来に迷っているなら、いろんな選択肢を考えてみたらいいと思います。どんな道でも必ず自分の力になるはずです。

今江咲子

Ⅰ部(昼間部)写真科2年制
ドキュメンタリーフォトゼミ
2020年3月卒業

略 歴
小学生頃から写真に興味を持つ。大学卒業後、何を生業にしたいか考えたときに、ずっと好きだった写真が思い浮かび、本校へ入学。卒業後はスタジオでの職務を一通り学び、作品制作を続けていきながら、舞台やライブなどの仕事も行いたいと考えている。

Case.4第二の人生学び直し

うさぎフォトグラファーとして撮影や写真展で活躍中

写真の道を志したきっかけは?

自宅でうさぎを飼いはじめ、撮り始めたのがきっかけです。それからうさぎ専門のペットショップで店のうさぎを撮って写真をプレゼントしたら喜ばれ、ペットのオーナーさん向けの撮影依頼が来るようになりました。

学校で得たことは?

光がわかる、見えるようになりました。今まで見ていたものを1とすると、同じものを見ていても、2倍3倍の情報として見えるようになりました。多くの習得がありましたが、これこそが学校で得た一番のことです。

本校に入学してよかったことは?

年齢の離れた学生たちと、同じ目線で意見交換ができたことです。そして、写真に関する技術や知識を効率よく学べました。卒業後も社会で写真を生業にしている方々との会話や実務に全く不自由なことがありません。

同級生とのつながりはありますか?

それぞれの写真展の機会に会ったり、Line やFacebookでも意見交換をしています。いいことも悪いことも言い合える関係はとても貴重です。社会に出ると褒められることはあっても、ダメなときはなにも言われないものですから。

青木崇

うさぎフォトグラファー

Ⅰ部(昼間部)写真科2年制
2015年3月卒業

略 歴
うさぎとの出会いで、それまで趣味だった写真を生業にすることを決意。2012年、57歳で会社を早期退職し、日本写真芸術専門学校に入学。卒業後はうさぎフォトグラファーとして活躍中。いまは2023年の卯年に向けた個展準備も忙しい。