Lines of Sight ~それぞれのアジアへの視線~
海外フィールドワーク引率ブログ2007 > 2008年03月 アーカイブ
08.03.30

フィールドワーク2期生・卒業写真展



フィールドワーク2期生の卒業写真展がオリンパスさんのギャラリーで開催中です。
学生がアジア各国で撮りためた作品です。皆様、もしお時間あればぜひお運び下さい。


■写真展タイトル
『フォトフィールドワーク卒業作品展』


■期間
2008年3月27日(木)~4月2日(水)   10:00am~18:00pm  最終日は15pmまで
日曜休館


■会場
オリンパスギャラリー

東京都千代田区神田小川町1-3-1 NBF小川町ビル(神田小川町交差点そば)
Tel. 03-3292-1934


以下、写真展初日の様子です。



s12P3270293.JPG
会場入口


s12P3270269.JPG
会場入口


s12P3270233.JPG
フィールドワークの説明パネル


s10P3270240.JPG
フィールドワークの説明パネル


s12P3270265.JPG
お忙しい中、オリンパス㈱松崎様が来て下さった。(右からお二人目)。
松崎様はFWのために毎年大阪南港に見送り・出迎えにも来てくださったりと、
多大なるご理解とご支援を頂いています。
会場をご提供いただいているオリンパス・イメージング様と共に、
心より御礼申し上げます。


s12P3270268.JPG
学生と


s8010P3270245.JPG
会場の様子(後姿は教務課の伊藤さん)


s8010P3270249.JPG
会場の様子


s10P3270244.JPG
FW1期生の前田・山口ゆま


s12P3270231.JPG
藤森


s12P3270229.JPG
齊藤


s12P3270230.JPG
畠山





学生がアジアで頑張った雰囲気が写真から伝わってくるとてもいい写真展ですので、ぜひ皆さんも行ってみて下さい。


学生の皆は写真展おめでとう!



海外フィールドワーク引率ブログ2007 > 2008年03月 アーカイブ
08.03.17

ラサ暴動



チベット・ラサ暴動のニュースに衝撃が走っている。「自治区」での平穏がいかに危ういものか。紙一重の問題だということが浮き彫りになった形だ。軍により封鎖されニュースにもよく出てくるラサのジョカン寺(大昭寺)などは宿泊したホテルから徒歩20分程度の近さで自分も何度か写真を撮りに行った場所だし、新疆ウイグル自治区のウルムチ発の飛行機テロ未遂にしても、自分も学生と利用したところ。ぞっとしながらニュースを見る毎日である。


中国政府としては今後オリンピックに向け、何が何でも平穏さをアピールするだろうから警備も厳重になり、その結果、治安は保たれることになるのだろうが、注意が必要だろう。(フィールドワーク一行の中国訪問予定は7~8月)。ラサからの映像には路上で投石する群衆(チベット人)が出てくるが標的は漢民族や漢民族が経営する商店。ガイドブックの注意事項にも記載あるが、顔つきが漢民族に似ている我々日本人が自治区を訪問する際は不用意な言動は厳禁だろう。内モンゴル自治区もしかりである。



海外フィールドワーク引率ブログ2007 > 2008年03月 アーカイブ
08.03.16

卒業式



3月14日、卒業式がおこなわれた。


フィールドワーク一期生で研究科に進んだ6名、フィールドワーク2期生5名、昨年授業を受け持たせてもらった報道科の学生たち。そして、教務課で助手を務めてきた元一期生の山市と羽立もこの日が最後の仕事だった。


当日の様子をご覧下さい。



P3140017.JPG


P3140008.JPGP3140009.JPGP3140012.JPGP3140013.JPGP3140004.JPGP3140016.JPGP3140021.JPGP3140022.JPGP3140023.JPGP3140024.JPGP3140025.JPGP3140027.JPGP3140028.JPGP3140030.JPGP3140032.JPGP3140034.JPGP3140036.JPG


式典の後は謝恩会が開かれた。
P3140037.JPG
P3140038.JPGP3140041.JPGP3140042.JPGP3140045.JPGP3140046.JPGP3140048.JPGP3140049.JPGP3140050.JPGP3140051.JPGP3140053.JPGP3140054.JPG


ゼミ講師から学生に卒業証書が授与された。
P3140060.JPGP3140061.JPGP3140063.JPGP3140064.JPGP3140068.JPGP3140070.JPGP3140075.JPGP3140055.JPGP3140078.JPGP3140080.JPGP3140082.JPGP3140086.JPGP3140088.JPGP3140092.JPGP3140093.JPG


フィールドワーク一期生、二期生、理事長、副校長、職員、講師の全員で記念撮影
P3140094.JPGP3140096.JPGP3140098.JPGP3140099.JPGP3140100.JPGP3140101.JPGP3140102.JPGP3140103.JPGP3140105.JPGP3140111.JPGP3140114.JPG



学生の皆は卒業おめでとう! 
そして、山市と羽立には一年間大変お世話になりました。ありがとう! 本当にご苦労様でした。
皆の今後の活躍を心より期待しています。



海外フィールドワーク引率ブログ2007 > 2008年03月 アーカイブ
08.03.13

あっという間



明日、このフィールドワーク二期生が卒業していく。その後の進路も皆決まったらしい。
あっという間の1年だった。紆余曲折の1年だった。この皆とも、色々な思い出ができたなあ。


卒業式のあと、二期生が私を食事に誘ってくれている。
先日夜中、藤森からその旨、連絡があった。すごくうれしかった。


ところで、2006年の私のアーカイブに1期生のことも書いたので見て下さい。



海外フィールドワーク引率ブログ2007 > 2008年03月 アーカイブ
08.03.08

フィールドワーク三期生結団式




s111P3080047.JPG



大阪港出発まであと12日となった昨3月7日、海外フィールドワークコースにご協賛頂いている企業のおひとつオリンパス㈱松崎様にもご出席賜り、当校宋理事長・藤井校長以下、多くの関係者の方々に見守られ、フィールドワーク三期生の結団式がおこなわれた。



s12P3070036.JPG
前列向かって右から熊倉局長(引率)、オリンパス㈱松崎様、藤井校長、鈴木先生、飯塚先生、五十嵐、後列向かって右から冨田(学生)、NKC佐藤さん(引率)、高橋(学生)、銭場(学生)、中村(学生)、鈴木(学生)、小原(学生)、川崎先生(引率)、大佐(学生)、奥(学生)。
学生と引率者の手にはオリンパスさんご提供の最新型デジタルカメラオリンパスμ850SWとXDカード。



s902P3070039.JPG
オリンパス㈱松崎様から学生代表の鈴木・奥にオリンパスμ850SWが手渡された。
ありがとうございました!



多くの学生にとって、写真を撮るためだけにアジア諸国を半年間も回るこのような機会など今後もそうあるものではなく、おそらく「一生に一度」と言ってもいいほどの大きな出来事になるはず。過去2度、旅を引率させてもらった私としては、身の安全を最優先に決して無理せず、その中で思う存分シャッターを切ってもらえればと願っている。企画立案を含め旅のほとんどすべてを学生が自力でおこない、しかも現地では毎日が初めての連続。気候風土も日本とは全く異なる中、写真力は勿論、精神力も体力も、全てが試される。


神妙な面持ちで式典に臨む学生たちの顔を見ながら、「このコースって、やっぱりすごいなあ」と改めてしみじみ思った。


式典終了後、私と広報の市川さんは『デジタル写真生活』さんの取材(主にサルガド先生語録について。4月20日発売予定)で別室に移動したため、学生が今どのような心境なのか直接聞くことができなかったが、皆の新しいブログを読む限り、出発に向けいよいよ気持ちが高まってきた印象を受ける。出発前のそわそわしたこの高揚感も旅の魅力の一つだろう。


旅に出る学生をとても羨ましく思ったが、皆の行く先には摂氏40度や50度にもなる強烈な熱帯アジアがもろ手を広げお待ち申し上げている。暑さが苦手な私としては、今回ばかりはクーラーの効いた東京の涼しい部屋で冷たいそーめんでも食べながら3期生のブログを読ませてもらおうと思っている。4月の桜も3年ぶりである。



s11P3080048.JPG




Once in a life time (一生で一度のこと)




s11P3080052.JPG