Lines of Sight ~それぞれのアジアへの視線~
海外フィールドワーク引率ブログ2007 > 2008年01月 アーカイブ
08.01.27

選挙



今日は日曜日。


午前中、米サウスカロライナ州の民主党予備選の投票結果と、その直後のオバマ氏による勝利演説(画面右下のPlay Videoをクリック)をテレビの生放送で見ていた。


”Yes, we can”の連呼や”the Past vs the Future”など、力強い言葉が並んだスピーチ後半、会場の興奮も最高潮へ。その雰囲気は1963年のキング牧師による”I Have a Dream”をも彷彿とさせた。(恐らくキング・スピーチを見て何度も練習したのだろう。)スーパーチューズデーはクリントン優勢と伝えられていたが、今日のオバマ・スピーチで動かされた人も多いはず。形勢は分からなくなったのではないか。リンカーンから100年でキング、そしてあの“I Have a Dream”から45年。ついに大統領選である。


一方、ご存知の通り、フィールドワーク訪問国でも動きは多い。


台湾では去る1月12日の選挙で民進党が大敗北。今度の3月22日(つまり、我々の台湾入り前日)、国民党から新総統が任命される予定。


韓国は昨年12月19日の大統領選で、最大野党ハンナラ党の李明博氏が勝利。10年ぶりの政権交代。この2月には同氏が新大統領に就任予定。


タイ。昨年9月19日にクーデター発生。タイ愛国党率いるタクシン首相が失脚し、軍が暫定政権を樹立。現在、タクシン前首相は英国に亡命中で、5月にタイに帰国予定。(ただし、帰国したらただちに逮捕される予定で、この時期と我々のフィールドワーク訪問時期が重なる場合は治安に注意が必要か?) それにしても、腐敗と強権体質を嫌ってクーデターまで起こしたはずなのに、解党となり名前も変更されたとは言え、タクシン派の元タイ愛国党の党員が作った「国民の力党」が再び政権を取り返すというのが分からない。格差是正・景気浮揚・貧困対策などの訴えがポイントとなり、軍の独善も嫌った結果とのことなのだが。。。 新首相選出は明日(1月28日)実施され、国民の力党のサマック党首が新首相に任命される予定。 


インドはご承知の通り。昨年7月、元ラジャスタン州知事のパティル氏がインド初の女性大統領に就任した。「女性の地位向上にとって大変意義深い」との発言が注目されるところ。


我々にとって問題はネパール。昨年11月の予定が延期となっていた制憲議会選挙がこの4月10日に実施される。我々のネパール訪問は7月だが、選挙が再延期などにならぬよう祈るばかり。ネパールでは学生が写真展を計画中・・・


ということで、目が離せない状況ばかりですね。



海外フィールドワーク引率ブログ2007 > 2008年01月 アーカイブ
08.01.26

年度末



再来月のことながら、
卒業式のある3月が、こんなに節目の時季だったとは。
学校で働くようになり初めて実感。



元一期生の二人(羽立と山市)。
s11P1220227.JPG


闘い終え一段落。ホッと一息の山市。これは今日の彼。
s11P1260244.JPG


3期生と最後の撮影実習。この感じで半年間、また行脚だなあって思いつつ。
s10P1220218.JPG


こっちは、報道写真基礎実習クラスの1年生。今日が最後の授業。
キムさんはソウルでカフェギャラリー開設準備のため来週帰国。
いつかクラスの皆でソウル写真展をやりたいですね。
s122P1260241.JPG



ところで、
二期生の卒業写真展のポスターを学内で見た。
君島の写真が使われていた。すごくいい写真でびっくり! 



海外フィールドワーク引率ブログ2007 > 2008年01月 アーカイブ
08.01.15

北海道人



今日、学校へ行く途中、佑木にばったり出会った。



s10P1150194.JPG



さすがに北海道人は気合が入っている。
この寒空の下、彼女は薄手のジャージを羽織っただけで歩いていた。私は思わず、「暑いのか?」と、聞いてしまった。ちなみに、本日の東京の最高気温は9度。函館の秋くらいの気持ち良さだったのだろう。


かく言う私も同郷ながら、今日は外で撮影実習だったため、思い切り着込んでいた。妻のラクダ・モモヒキまで拝借し着用していた。しかしそんなこと、北海道人としては恥ずかしくて、とても言うことができなかった。


それにしても、そんな暑がりの佑木が、あのインドの暑さによくぞ耐えたものだと、今更ながら感心した。



日中は摂氏44度にもなり、(インド・ジョドプール、2007年6月22日。
下の目盛が温度で44度。上は湿度で20%)
s12P6220009.JPG


温度計を日向にかざすと、目盛はすぐに50度。
あまりの暑さに、息苦しくなるほどだった。(インド・ジョドプール、上と同日) 
s12P6220014.JPG
今の北海道の最低気温(だいたいマイナス10度)と比べると、その差、何と60度!  


今から半年前、そんな街での学生たちの様子をどうぞ。


s12P6212200.JPG
青の街、ジョドプールの宿で。左から、畠山、藤森、佑木。


s12P6222769.JPG
ジョドプールの街


s12P6222844.JPG
ジョドプールを見下ろす丘の上に建つ要塞で。
左から五十嵐、佑木、要塞の係りの人、藤森、係りの人、畠山。



さて、


あっという間に、あと2ヶ月で3期生が日本を出発し、また暑い毎日が始まります。
自分としては、もう少し頭を冷やしていたいのですが。。。。。





海外フィールドワーク引率ブログ2007 > 2008年01月 アーカイブ
08.01.14

ネパール写真展



話は前後しますが、


昨年7月、学生が開催したネパール写真展のことを書き直しましたので、見て頂けると嬉しいです。(当時書いたブログの後半部分が更新時に何故か削除されてしまっていました。それをようやく書き直しました。)


 『Day 112 ネパール・カトマンズ』 2007年7月23日付け


というタイトルのものです。この画面の左側のアーカイブ、2007年7月をクリックしてみて下さい。



海外フィールドワーク引率ブログ2007 > 2008年01月 アーカイブ
08.01.13

安孫子



一期生の安孫子と電話で話しをした。卒業式以来、1年ぶりに聞く声だった。


安孫子は山形で元気にやってます。きっちり闘っています。ご安心下さい。





海外フィールドワーク引率ブログ2007 > 2008年01月 アーカイブ
08.01.01

謹賀新年



明けましておめでとうございます。


二度目の海外フィールドワークとなった昨年もまた、関係各位の皆様には大変お世話になりました。心より御礼申し上げます。本年もどうぞよろしくお願い致します。


そして今から2ヵ月後には、その2期生たちも卒業です。また、研究科に進んでいた1期生も卒業です。そして3期生がいよいよ海外フィールドワークに出発します。学生の皆は、残り少ない毎日を充実した思いで過ごしてもらえればと思います。


本年が皆様にとり健康で素晴らしい一年になりますように!




2008年元旦  五十嵐太二