Lines of Sight ~それぞれのアジアへの視線~
海外フィールドワーク引率ブログ2007 > 2007年09月 アーカイブ
07.09.28

ジョン・アイザック写真展 John Isaac Photo Exhibition



昨日(9月27日)、元国連チーフ写真家のジョン・アイザック氏写真展のオープニングパーティーがオリンパスギャラリーで開催された。
I attended at the opening party of John Isaac Photo Exhibition yesterday held at Olympus.


以下、色々な方の記念写真です。
Some photos of various visitors as below.


元国連事務総長特別顧問でジョンさんが国連広報部勤務時代の上司・明石康氏にご説明中のオリンパス松崎氏(左端)、ジョンさんの奥様(奥)、ジョンさん
Mr. Matsuzaki of Olympus (left), John’s wife and John were explaining the photos to Mr. Akashi, a former a secretary-general of UN and John's former boss at the UN.
s10P9270158.JPG


藤井秀樹校長が写真集をアイザック氏に贈呈。
学校のWEBもご覧下さい。 http://www.npi.ac.jp/
Mr. Hideki Fujii presented his photo books to John.
See our school web too. http://www.npi.ac.jp/
s12P9270175.JPG


土屋部長、鈴木先生、長坂先生。熊倉局長もいらっしゃった。
Mr. Tsuchiya, Mr. Suzuki, and Mr. Nagasaka. Mr. Kumakura from the school was also there.
s10P9270178.JPG
s10P9270190.JPG


オリンパスプロサロンの平田さん。10月から八王子に移動される。大変お世話になりました。
Mr. Hirata of Olympus Pro Saloon. He is moving to Hachioji office from Oct. Thank you very much for everything you did for me for a long time.
s10P9270146.JPG


オリンパスプロサロン室長の田中さんと。田中さんのWEBをご紹介します。
田中博「トンボと花のギャラリー」
Mr. Tanaka of Olympus Pro Saloon.
http://www.tombo-tanaka.com/
s10P9270147.JPG




写真は全てオリンパスμ770SWで撮影
All photos taken by Olympus mju770SW



海外フィールドワーク引率ブログ2007 > 2007年09月 アーカイブ

エスカレーター Escalator



ジョン・アイザック写真展オープニングパーティー会場内。
At the opening party of John Isaac's photo exhibition.


以前一緒に仕事をさせていただいた女性と約5年ぶりでばったり会った。
I happened to meet a lady who I worked together 5 years ago.


私「お久しぶりです」
I said, “Long time no seeing you.”


彼女「。。。。。。えーと。。。」
She said, “….well……”


彼女は私をすぐには思い出せなかったらしく、「誰この人?」という表情で、一瞬きょとんとした。そして、
She seemed to forget me and she looked like thinking,“who is this guy?” She stood blancly for a sec and said.


彼女「。。。ああ!。。。髪型変えました?」
“Oh! Have you changed your hair style?”


と、申された。5年ぶりの再会の第一声が、である。
It was the first word she said after 5 years.


私は中学生のころから30年以上、髪型を変えたことはなかったので(というか、変えようもなかったので)、
きょとんとするのは私の方だった。
I have not changed my hair style since my junior high school age for more than 30 years. Or I could not change my hair style. It was my turn now who to stand blankly.


私は笑いながら、
I just told her smiling,


「。。。いいえ、型はしばらく変えていません。ただ、量に多少の変化はあったかもしれません。それと最近、少ない髪を切るのはもったいないという気持ちになり、この3ヶ月間、髪を切っていません。なので、前に比べると、特に後ろ髪が長くなっているかもしれません。。。。」と答えた。
“No, I have not changed it for a while. However, the amount may be changed a little bit. Also, I have not had my hair cut done these days for 3 months to save my small hair. So, my hair looks longer than before especially back side.”


以前勤めていた会社では、女性の髪形などに関し、「髪切りました?」ということさえセクハラの対象とされた。その理由が今日、よく分かった。私は内心ショックを受けていた。私に対する彼女の言葉は、逆セクハラであろう。
The company I used to work had a rule about sexual harassment. If you mention to a lady saying, “Have you cut your hair?” It was considered as sexual harassment. I understood very well about sexual harassment today being told by the lady about my hair. I was shocked. Her word to me was sexual harassment.


ですので、女性も男性も皆さん、異性に対するお言葉にはくれぐれもお気をつけられますように!
So, ladies and gentlemen, please be careful about the word you use to other person.


そして、写真展の帰り道。
私鉄駅構内の下りエスカレーター。
Well, on a way back to my home after John’s party.
I was on the escalator to go down to the subway station.


私の前に中年サラリーマンが乗っていた。エスカレーターが下るにつれ、彼の後頭部がちょうど私の目線の高さになった。するとその後頭部、河童とは言わないまでも、まるでドーナツだった。中心部分がかなりやられていた。不憫だった。視線を一人前に移すと、そこにも同じような後頭部をしたTシャツの男が乗っていた。駅構内の蛍光灯に照らされ、二人揃って、鈍く、てかっていた。そのエスカレーターはかなり長く(深く)、私は彼らのてかり具合をボーっと眺めているしかなかった。そんなとき、ふっと出てきた句が以下だった。
One businessman was standing in front of me. As escalator went down, his back part of the head was to be seen. It was just like a doughnut. The center was empty. Sad. I saw another man with T-shirt in front of him. That man was also the same case. Under fluorescent lights of the subway station, 2 men’s heads were shining dully. The escalator was rather long (or deep) and I could do nothing but watching their shining heads. Then some poems came out naturally in my mind while watching their heads.


取り返し
つかぬ頭の
てかりかな


更に、


後頭部
注意一秒
毛が一生


エスカレーターがホームに着くと、また一句出てきた。
自分自身の状態を含め、半ばヤケクソな気持ちが込められた句だった。


ハゲちょびん
あーハゲちょびん
ハゲちょびん






=お断り=
今回の上のブログは、載せるか否か迷った末にアップしました。もし、このブログ内容が学校の引率講師のものとしてあまりにもくだらなく不適当と判断される場合は、ご連絡下さい。すぐ削除致します。



海外フィールドワーク引率ブログ2007 > 2007年09月 アーカイブ
07.09.26

今年は違います Different this year



昨年の今頃、私は初めての海外フィールドワーク引率から帰国し、安堵感と疲労とで、もぬけの殻のような状態だった。


ボーっとした頭で家の外をふらふら歩き、自転車に乗ったおばちゃんにひかれてしまったのもちょうど去年の今頃だった。おばちゃんの「キャー」と叫ぶ声と引きつった顔を今でもはっきり覚えている。歩道をかなりのスピードで突っ込んできたおばちゃんに明らかに非があったとは言え、乗物にひかれるなど、生まれて初めてのことだった。たいしたことはなかったが私は右足を擦りむいた。「大丈夫ですか」とおばちゃんに聞かれ、「大丈夫なわけねぇーだろ、あぶねえな」と心の中で思ったが、そう口に出すのもおっくうで、「。。。ええ、まあ。。。」と、もぬけの殻のままの答えをした。それほどボーっとしていた。


あれから一年。


今年は違います。
来年に備え、もう既に、体力作りを始めました。
学校で先日、元一期生の羽立の言った「腕立てやってます」という一言も私の気持ちに火をつけてくれました。
今年は私、機敏です。自転車が突っ込んできても、もうひかれることはありません。


君島がボーっと川で釣り糸をたれているころ、私は腕立てをやっているのです。藤森がもんじゃを食べているころ、私はヒンズースクワット (注釈:ヒンズースクワット)をしているのです。佑木が自転車にひかれそうになっているころ、私は腹筋をやっているのです。渋い! 週末、海でクラゲに突っ込んだのは、クロールに勢いをつけすぎ、半透明のクラゲに気づかなかっただけなのです。ボーっとしていたわけではありません。おかげで鼻の下がまだちょっと腫れてます。


以上です。


I was like a zonbi in September last year because of the released feeling and exhaustion after 6 good months of travel as a lecturer with my students. I was even hit by a bicycle when I was walking with unsteady steps. I still remember the screaming voice of the rider and her face twitched with surprise. It was my first time to get such accident. It was obviously her fault to clash to me by high speed on a sidewalk. I did not hurt badly, but my right leg got scraped. The middle age woman asked me, "Are you all right?" I thought, "Are you joking? How dangerous you are." But it was a nuisance to say so, so I just said , "...Well, that's ok....." as if I was still a zonbi.


One year since then.


I am different this time. I even have started working out for the next year trip. Mr. Hadate's word (my former students), was also put on the fire on my heart. He said that he was doing a push-up. I have started quickly this year and I will be never hit by a bycycle. When Kimijima is doing fishing, I am doing a push-up. When Fujimori is eating Monjayaki, I am doing Hindu Squat. When Yuki is about hit by a bicycle, I am doing sit-up. Cool! The reason why I clashed into a jellyfish last weekend was that I was swimming so fast and just could not see semitransparent figure. It was not because I was zonbi. Well, because of the jellyfish, around my nose is still swollen a little.



海外フィールドワーク引率ブログ2007 > 2007年09月 アーカイブ
07.09.24

カメラ雑誌 Camera Magazine



日本カメラ10月号の8ページ目に、小さいですが、ジョン・アイザックさん(*)と私の写真等が載っているのを見つけました。アフリカの写真です。
I found John Issac's and my photos in Nippon Camera (Page 8 of October issue). Photos of Africa.


注釈(*)
ジョンさんに関する詳細は以下をご参照下さい。
http://www.npi.ac.jp/blog/information/event/2007/08/john_isaac.html



海外フィールドワーク引率ブログ2007 > 2007年09月 アーカイブ
07.09.23

秋分の日 The Autumnal Equinox



急に涼しくなった秋分の日。自分は海の中、クロールで泳いでいた。
It cooled down today. I was in the ocean to swim.


s12P9230077.JPG


ところが、クラゲに顔から突っ込み、刺されてしまった。
あんな痛い思いは久しぶりのことだった。
However, I was stung by jellyfish. It was painful and I have not had such pain for a long time.

s8P9230022.JPG



海で泳ぐのは恐らく今日が今年最後。ようやく暑さから開放される。
It may be the last day this year for me to swim in the ocean. I felt that I have been released from the summer heat at last.

s10P9230103.JPG





写真は全てオリンパスμ770SWで撮影
All photos taken by Olympus mju770SW



海外フィールドワーク引率ブログ2007 > 2007年09月 アーカイブ
07.09.21

暑さ寒さも彼岸まで?? No more heat after the Autumnal Equinox?



北海道の母に帰国報告の電話をした。


私「そっちはどう?」
母「今がちょうど良い気候だよ。ストーブも弱火でいいからね。」


s12P9200008.JPG
北日本の9月21日天気予報 Weather forecast of northern part of Japan on Sep 21


うちの田舎は8月中旬から朝晩ストーブを使うほど冷える。天気予報を見ても、北海道の東部は日本で常に一番寒い。以前、妹に半袖シャツをお土産に買ったら、「誰が半袖着るのさ」と文句を言われたことさえある。


とは言え、彼岸とは思えぬ東京の暑さにうだっている身には羨ましい限り。
s12P9200007.JPG


3月の沖縄を皮切りに、猛暑のアジアをかいくぐり、9月も下旬。
この調子では10月も暖かいだろうから、自分は1年のうち8ヶ月は半袖でOKの暑い生活が続く。。。。  


s12P9200006.JPG
9月21日の天気予報 Weather forecast


I made a phone call to my mother in Hokkaido to tell her that I came back safe.


I asked her. “How is everything over there?”


She replied, “Everything is ok here. This time of the year, the weather is the best because I don’ t need big fire in my stove.”


My home town becomes colder from late August. We even need a stove in the morning and in the evening. According to the weather forecast, the eastern part of Hokkaido is always coldest in Japan. I got short sleeve shirt for my sister before, but she complained me saying that it was too cold to wear such short sleeve.


Anyway, such explanation as "No more heat after the Autumnal Equinox" is no longer true? Living in very hot Tokyo, I envy cold weather of Hokkaido. Since March from Okinawa, I have been struggling against the heat. Now it is late September. Next month may be still hot, I guess. If so, out of 12 months, I spend 8 months under the heat with short sleeve. Oh boy…




海外フィールドワーク引率ブログ2007 > 2007年09月 アーカイブ
07.09.20

お知らせ Information & News



お知らせ
Information & News


オリンパスさんのHPに私の写真等が本日9月20日付けで掲載されました。
もしお時間あったらご高覧いただけると幸いです。フィールドワークで撮った写真も数枚入っています。
Some of my photos including the one I took in Asian countries during the fieldwork trip have been loaded on the Olympus web sites today (Sep20). Please click the sites below to check them out.


日本語サイト(Japanese sites)
http://www.olympus.co.jp/jp/
http://olympus-esystem.jp/gallery/
http://www.olympus.co.jp/jp/corc/corp-ad/bm/e-system/
http://www.olympus.co.jp/jp/corc/corp-ad/bm/e-system/vol11/igarashi/index03.cfm?id=nx


English sites (英語サイト)
http://www.olympus-esystem.com/dea/photogallery/
(Click Pro Gallery)




よろしくお願い致します。
I hope you enjoy it.



海外フィールドワーク引率ブログ2007 > 2007年09月 アーカイブ

帰国 Arrival



昨日(9月19日)、海外フィールドワーク2期生が無事帰国しましたが、学校ホームページのトピックスにもその記事が掲載されましたのでご覧下さい。市川先生が作成してくださいました。写真は一部オリンパス㈱松崎様撮影分が入っています。
Fieldwork students arrived safe at Osaka yesterday on Sep 19. Web site of our photo school introduced our story, so please check it out. The article was made by Mr. Ichikawa. Some of the photos were taken by Mr. Matsuzaki of Olymps.


NPIホームページ http://www.npi.ac.jp/blog/information/topics/2007/09/post_25.html




追記
昨晩、フィールドワークコースのゼミ講師である飯塚先生から労いのお電話頂きました。ありがとうございました! 飯塚先生は本日から10月12日までアフリカのモロッコに取材に出かけられるそうです。すごいですねえ。
Mr. Iizuka, a lecturer of the fieldwork course, phoned me last night. Thank you! By the way, he will visit Morocco in Africa from today till Oct/12. Wow!



海外フィールドワーク引率ブログ2007 > 2007年09月 アーカイブ

Day 183 大阪到着 Arrival at Osaka



9月19日、大阪国際フェリーターミナルに無事到着しました。
その様子をオリンパス㈱松崎様が撮って下さったのでご紹介致します。松崎様、ありがとうございました!
We arrived at Osaka International Ferry Terminal on Sep/19. Mr. Matsuzaki of Olympus kindly took photos for us as below. Thank you Mr. Matsuzaki.


パンスターフェリー大阪港入港
Pan Star Ferry arriving at Osaka Port
s12mP9180404.JPG


甲板の学生たち
Students on the deck
s12mP9180411.JPG


着岸 Arrival
s12mP9180419.JPG


ターミナルでGOALの横断幕。宋理事長と市川先生。
Waiting for the students in the terminal building. Mr. Song (President of the school) and Mr. Ichikawa.
s12mP9180435.JPGs12mP9180439.JPGs12mP9180441.JPGs12mP9180444.JPGs9mP9180445.JPGs12mP9180448.JPGs12mP9180449.JPGs12mP9180450.JPGs9mP9180452.JPGs12mP9180453.JPGs9mP9180454.JPGs12mP9180456.JPGs14mP9180458.JPGs12mP9180468.JPGs12mP9180472.JPGs12mP9180474.JPGs14mP9180476.JPG
向かって左から、オリンパス㈱松崎様、市川先生、佑木、藤森、畠山、君島、斉藤、宋理事長。
From left, Mr. Matsuzaki of Olympus, Mr. Ichikawa, Yuki, Fujimori, Hatakeyama, Kimijima, Saito, Mr. Song




Copy right of all photos reserved by Minoru Matsuzaki 2007



海外フィールドワーク引率ブログ2007 > 2007年09月 アーカイブ
07.09.19

Day 183 帰国 Going back to Japan



9月19日、海外フィールドワーク2期生全員、無事に帰国しました。
All of us came back to Japan as scheduled today on Sep. 19th safely.


3月に大阪を出港してから今日までの6ヶ月に渡り、学生の皆は本当にお疲れ様でした。また、これまで日本サイドから2期生を支えて下さった関係各位全ての皆様に、この場をお借りし心より御礼申し上げます。
Since last March till today for 6 good months, I really want to say to my students "Good Job".
For all of those who it may concern, I as a lecturer must say thank you for everything you did for the students. I really appreciate your huge help.


韓国プサン出発から大阪までの様子を以下に載せます。
Please see some photos I took from Busan to Osaka as below.


ホテル出発前、君島と何か食べもの探しにプサンの町へ。
I went out from the hotel with Kimijima to get something to eat just before leaving Busan.
s10P9180170.JPGs9P9180171.JPGs12P9180176.JPG


ホテルのロビーでバスの出発を待つ学生
Waiting for the bus at the lobby of the hotel
s12P9180181.JPGs12P9180184.JPGs12P9180186.JPG


ホテル出発
Departing from the hotel
s12P9180187.JPG


藤森はいつもこんな顔だった。でも、これでようやく開放される。
Fujimori was always like this. But tomorrow will be the last day. I'm glad.
s14P9180190.JPG


プサン国際フェリーターミナル
Busan International Ferry Terminal
s14P9180198.JPGs10P9180200.JPGs8P9180205.JPGs8P9180204.JPGs7P9180221.JPG


プサン市をバックに記念撮影。フェリーの甲板にて
Busan as back ground, on the ferry
s14P9180229.JPG


s14P9180236.JPGs14P9180240.JPGs7P9180251.JPGs7P9180252.JPG


フェリー内。晩御飯。
In the ferry. Dinner time.
s12P9180261.JPG


s8P9180270.JPGs7P9199270.JPGs7P9199272.JPG


プサンから関門海峡を通過し、瀬戸内海を東進。
From Busan, through Kanmon Channel and Setonaikai to the east.
s14P9190303.JPG


明石大橋
Akashi Bridge
s7P9199291.JPGs7P9199319.JPG


s7P9190313.JPG


大阪港着は10時5分予定
Estimated arrival time at Osaka - 10:05am
s10P9190315.JPG


前方に大阪が見えてきた
Osaka ahead
s10P9190317.JPG


大阪国際フェリーターミナルの屋上で横断幕を掲げ、我々を迎えて下さる宋理事長、市川先生、オリンパス㈱松崎様
Mr. Song (President of the school), Mr. Ichikawa and Mr. Matsuzaki of Olympus waited for us at the Osaka International Ferry Terminal.
s14P9199368.JPG


s14P9190324.JPG


下船
Unboard
s12P9190004.JPG


日本入国管理
Japanese Customs
s12P9190014.JPG


ターミナルで。GOAL横断幕(一期生の羽立が制作してくれました。ありがとう!)
At the terminal. GOAL!! (Mr. Hadate, a former student, made this. Thank you!!)
s12P9190017.JPG


s10P9190023.JPG
s14P9190019.JPG




写真は全てオリンパスμ770SW及びE-1で撮影
All photos taken by Olympus mju770SW & E-1



海外フィールドワーク引率ブログ2007 > 2007年09月 アーカイブ
07.09.18

Day 182 韓国プサン出発します Departing from Busan, Korea



9月18日
Sep 18


あと10分でホテルを出発し、プサン国際フェリーターミナルに向かいます。
We are leaving the hotel in 10 minutes for Busan Int'l Ferry Terminal.


台風の影響も心配されましたが、定刻通り午後4時出航です。
I was bit worried about typhoon, but the ferry will depart on time at 4pm today.


次は日本からです。関係各位の皆様、本当にありがとうございました。
そして、学生のみんなも、お世話になりました。
Next updating will be from Japan. Thank you everyone for your huge support and help for us always.
I want to thank to my students, too.

海外フィールドワーク引率ブログ2007 > 2007年09月 アーカイブ

Day 181 フィールドワーク最終日(韓国プサン) The Last Day of the Fieldwork trip (Busan, Korea)



9月17日
September 17th


台風一過のプサンは朝から青空。
そして今日が海外フィールドワーク6ヶ月の外国での最終日。明日は日本に向けプサン出発。学生たちはそれぞれの予定で各自最後の一日を過ごした。
After the typhoon, it was a fine day this morning here in Busan. And it was the very last day of our 6 months Fieldwork trip being abroad. We will leave here tomorrow for Japan.


s9P9179154.JPGs7P9170119.JPG


引率の立場として最後の夜にまず思うことは、これまで6ヶ月間、学生たちに大きな病気・怪我・事故などなく、本当に良く頑張ったなあということ。このことを本人たちは恐らくそれほど大げさには感じていないかも知れないが、これは何にもまして特筆に値する。凄いことだと思う。かく言う私自身、去年は病気になってしまっていた。大阪港に着くまでまだ2日あり結論を出すのはまだ早いが、それでも、今晩は一人で、ホッと胸をなでおろしている。学生の皆には「本当にご苦労さま、お疲れさまでした」と言いたい。
As a lecturer who has traveled with the students, I am really impressed by the fact that the students did not get any serious disease, injury or problem for 6 good months. That is something worthy of mention. I myself even became sick last year. We still have 2 days to go before arrival at Osaka, but honestly I was very released tonight. Under such situation, I must say to my students, “Good job !”


プロの写真家ならば作品という結果だけで判断されるが、学生の皆の場合は、結果も勿論大事だが、その過程や経験こそが何よりも大事。学生にはこれまで何度も「思い残すことのないように」「自分がやりたいと思うことを思いきりやってみる」「自分の判断で自力でとにかくやってみる」ということを言ってきたが、昨日のミーティングでの発言を聞く限り、皆それぞれ、それぞれのレベルで合格点が出たのではないかと思っている。もしそうだとしたら、それは大いに自慢していいことだと思う。(ただし、第三者に対してではなく、自分自身に。)それが自信につながっていくんだと思う。簡単に言えば、6ヶ月前に比べ、一歩前進と言ったところ。英語で言えば、You made it!
If you are a professional photographer, your picture would be the only source to judge, but since they are still students, the process and experience are much important I believe. I have been telling my students to try their level best, to try what they want to do, and to try by their judge and by themselves. Judging from what my students said during the meeting yesterday, I believe that they seemed to give pass-mark to themselves. If so, they can proud themselves, not to the other person, but to themselves. That kind of proud will become a self confidence. In another word, they have progressed one step ahead comparing to 6 months ago. In English, “You made it!”


また、関係各位の全ての皆様には、この6ヶ月間、本当にお世話になりました。
心より御礼申し上げます。
I thank all of you of whom it may concern for what you have done for us for last 6 months.



************************************************************




話題変わり、
Well, changing the subject,



s12P9179204.JPG



訪れる度にそのエネルギーとパワーに驚かされる韓国。世界中で中華街(チャイナタウン)を持たない数少ない国の一つが韓国。アジア諸国の中では恐らく韓国が唯一、中華街のない国だろう。あの中国が、である。
I am always impressed by it’s power and energy in Korea. Korea is one of among the very few countries in the world where there is no China town within. Or, Korea may be the only country in Asia without China town. Even that China could not have here, I can imagine.


ホテルを一歩外に出ると、もう、圧倒的。
Once I step out from the hotel, just amazing.


s7P9179205.JPGs7P9179232.JPGs7P9170143.JPGs10P9179216.JPG
s7P9170151.JPGs10P9179202.JPG
s7P9179185.JPGs10P9179182.JPG
s7P9179222.JPGs7P9179219.JPG
s7P9170148.JPGs7P9170153.JPGs7P9170164.JPGs7P9179178.JPGs7P9179193.JPGs7P9179206.JPGs7P9179211.JPGs7P9179224.JPGs7P9179197.JPGs10P9170160.JPG
s7P9179170.JPGs7P9179194.JPGs7P9179225.JPGs10P9179184.JPG
s7P9179167.JPGs7P9179169.JPGs12P9179238.JPGs10P9179199.JPGs7P9170138.JPG


唐辛子、ニンニク、ニラなど、食べるものが違う。これがパワーの源泉か。韓国の方は元気で肌もつやつや。
Hot pepper, garlic, nira etc. People eat so many powerful items. That may be the source for their power. They are energetic and their skin looks very smooth.


s12P9179237.JPG
こんなに大量のにんにくを見るのは初めてだった。
I have never seen so many garlic before.


おかゆとスープを注文しただけで、こんなにたくさんのキムチ類が付いてきた。
I just ordered rice porridge and soup, but so many side dishes of kimuchi also came for free.
s9P9170159.JPG


ということで、韓国に来ると健康になるような気がします。髪が抜けなくなるというシャンプーも見つけたので、迷わず買っちゃいました。
I feel like getting healthy in Korea. I bought shampoo which has special effect not to lose hair, too.


s9P9170158.JPG
ここが泊まったホテル
The hotel we stayed.




写真は全てオリンパスμ770SW及びE-1で撮影
All photos taken by Olympus mju770SW & E-1



海外フィールドワーク引率ブログ2007 > 2007年09月 アーカイブ
07.09.17

Day 180 韓国プサンに全員集合 Reunion at Busan, Korea



9月16日、東京から韓国・プサンへ移動(五十嵐)。
プサンまでは所要時間たったの1時間半。実家のある北海道根室に帰るより近い。
Sep/16 - From Tokyo to Busan, Korea. Going to Busan is nearer than going to my home town in Hokkaido, imagine!
s10P9160052.JPG


s7P9160003.JPG
東京の朝5時半。快晴。気温26度、湿度62%。
5:30am, fine morning in Tokyo. Temperature was 26 degrees centigrade and 62% of humidity.


s7P9160004.JPGs7P9160008.JPG
プサン行きフライト。
Flight to Busan


問題は台風11号が韓国南部を目指し北上中で、私のフライトはそのど真ん中目がけて突っ込むような形であったこと。
My flight was just heading to the center of the typhoon No. 11 which was heading to the southern part of Korea. That was what I worried about.


s7P9160023.JPG
離陸(成田空港)
Taking off from Narita Int'l Airport in Tokyo


s10P9160030.JPG
遠くに富士山
Mt. Fuji
s7P9160047.JPGs7P9160032.JPGs7P9160036.JPG
九十九里浜などが眼下にきれいに見えた。
しかし機内放送は、
「揺れが予想されるため、しばらくは様子を見るため機内サービスは行いません。」
「積乱雲に突入しますので、シートベルトをしっかりとおしめ下さい」
など、なかなか手に汗握る感じ。
Kuju-Kuri beach were well seen.
However, in-flight announcements said,
“We will hold drink & food service till the condition becomes ok.”
“We will just get inside of the big clouds. Please fasten your seat belt well.”
Kind of a scaring announcements.


私はいやな夢を先日見たことを思い出していた。
台風のためプサンに着陸できず、機体は進路を変更し北朝鮮の田舎に強行着陸。北朝鮮当局と航空会社との話がスムーズに進まず、乗客は機内に閉じ込められるという内容。私は携帯電話で、当局者に見つからぬようこっそり「今北朝鮮についた。。。」と家族に連絡。。。という話。
I remembered a dream I had the other day.
Due to severe weather around Busan, my flight could not land at Busan,. Instead, we were forced to land in somewhere in North Korea. However, because the communication to N. Korean government was not going well, all of the passengers were forced to stay in the plain. I thus secretly phoned to my wife using my cell, "I am calling from NK...."


s7P9160050.JPGs7P9160062.JPGs9P9160065.JPG

プサンが近づくにつれ、雲はだんだんと厚く。。。 キャプテンによる機内放送も「着陸時、強い横風のため、着陸態勢を数回繰り返すことも予想されますのでご了承下さい。」恐ろしい。。。
However, as we were getting near to Busan, the clouds became thicker and thicker.
The captain announced that due to strong side wind, we may try landings several times for safety reason.


s10P9160074.JPGs10P9160077.JPG

眼下にプサン市街。
Busan city


s10P9160081.JPG
横揺れはあったが、何とか無事着陸。
It was a bit shaking, but it was ok and touched down safe.




そして、いよいよ、
And then, at last,


s14P9160085.JPG
s14P9160086.JPG
4pm。学生が私の部屋に全員集合。みんな元気でした!
久々の顔。
でも、あと数日でこの面々ともお別れかと思うと、感慨深いものがありました。
帰国までの段取り、大阪南港着後の段取り、そして海外FW解散、授業開始までの段取りなどを説明。
All students came to my room at 4pm to have a meeting. It has been a long time no seeing their faces. If come to think of the fact that my work with them will be ending in a couple of days, it was a bit strange feeling. Anyway, I explained all the procedure of departure for Japan, things to do in Osaka Port, preparation for the new semester, etc.


夕食は全員で焼肉へ。ホテルで紹介された店。何故か「ピョンヤン・カルビ」という北朝鮮の店。
We all went dinner together, Korean BBQ. The restaurant named Pyongyang Karubi introduced by our hotel.
s12P9160087.JPG
s14P9160092.JPG
s10P9160096.JPGs12P9160094.JPGs12P9160095.JPG




台風は夜、韓国南部に上陸。夕食を終えると外は激しい雨。
Typhoon just hit Southern part of Korea tonight.
s10P9160109.JPG
私はカッパを女子に貸してしまい、ずぶぬれ。私は持参したシャツが2枚しかなく、うち、東京から着てきたT-シャツは洗濯してしまいまだ乾いておらず。。。着ている1着も雨でずぶぬれ。。。ホテルの部屋では三脚が物干し竿代わり。私は着るものなく裸。寒い~。
I gave my rain coat to my girl students, so I was completely wet. Another shirt was washed and still wet. So I am just naked in my room.....


仕方なく、このブログはホテルのロビーで濡れたTシャツを着て書いてます。ちなみに、プサンは日中の気温25度。暑い東京から来ると、意外なほどです。
Well, I am writing this at the lobby of the hotel wearing wet T-shirt. By the way, temperature of Busan is only 25 degrees centigrade. It was unexpectedly kind a low for me who came from hot Tokyo.


最後に、ホテルの部屋からみえるプサンの夜景をどうぞ。明日、晴れますように!
Busan in the night from my hotel room. Hope it will be a fine day tomorrow!
s10P9160105.JPG




写真は全てオリンパスμ770SWで撮影
All photos taken by Olympus mju770SW



海外フィールドワーク引率ブログ2007 > 2007年09月 アーカイブ
07.09.16

お知らせ Information of my web



ホームページを開設しました。
つたない内容ですが、もしお時間あればご高覧頂けると幸いです。
フィールドワークで撮った写真も入っています。
I have opened my own web site. If you have a chance, please click the below URL. Some of the photos were taken during my fieldwork in Asian countries.


ただし、まだ英語版のみです。日本語版は早急に作成の予定です。
Only English pages are available at the moment. I will try to make Japanese pages soon.


URL - http://polepolesafari.com


ご参考
URLの pole pole(ポレポレ)とはスワヒリ語で「ゆっくり」の意、safari(サファリ)は同じく「旅をする」という意味です。「ポレポレ・サファリ」(ゆっくり旅をする)という語感もよかったので、このURLにしました。


FYI, "pole pole" in the URL means slowly in Swahili, and "safari" means to travel. I made this URL because I liked the sound of "pole pole safari", too.


どうぞよろしくお願い致します。
I hope you like it.



海外フィールドワーク引率ブログ2007 > 2007年09月 アーカイブ
07.09.15

Day 179 一時帰国最終日 the last day in Japan before leaving for Korea



昨日学校で打ち合わせがあった。
I visited the photo school yesterday for a meeting.


s12P9140094.JPG
(写真左から)NKC佐藤さん、市川先生、古田先生、お疲れ様でした。教務課の皆様もありがとうございました。
Thank you Mr. Sato, Mr.Ichikawa and Mr. Furuta (from the right).


s12P9140098.JPG
s12P9140101.JPG
4Fではフィールドワーク一期生の羽立(上)、山市(下)に会うことができた。二人とも忙しそうで、お邪魔しました。
I also could meet Mr. Hadate (top) and Mr. Yamaichi, the former Fieldwork students, on the 4th floor of the school. They looked busy and I was sorry to disterb your work.


廊下を歩いていると久しぶりに小林にばったり! ゆまもきた。近くの教室からは鈴木先生の声が聞こえてきた。
At the corridor, I met Kobayashi and Yamaguchi Yuma by chance. I could hear Mr. Suzuki's voice from one of the classroom.


s12P9010047.JPG
先日はフィールドワーク1期生で研究科に進んだ連中が中心となり食事に誘ってくれた。ありがとう。(写真向かって左から、徳田、坂本、前田、山口ゆま、藤野、早川、私、谷本)。ネパールレストランの壁には、2期生が7月、写真展を開催した世界遺産のボーダナートの絵が!
Some of my former students invited me to dinner at a Nepali restaurant the other day. Thanks! (Picture from the left, Tokuda, Sakamoto, Maeda, Yuma Yamaguchi, Fujino, Hayakawa, myself, Tanimoto). As you see, picture of Napali temples including Bouddanath Stupa where the current students did their photo exhibition was on the wall.


s12P8290028.JPG
そしてオリンパスさん。同社HPで私の写真をご紹介頂けることになり、そのインタビューでお邪魔した。ご担当は筑後さん、平田さん、そしてライターの佐久間さん。お忙しい中、どうもありがとうございました! ご参考まで、筑後さんは 昨年、同社HP上で海外フィールドワークのご紹介をして下さった際、ご尽力頂いた方。(写真向かって右から筑後さん、佐久間さん)。海外FWに多大なるご協力を頂いている松崎さんにもお会いでき、今月29日のジョン・アイザックさんの学校講演会などについてもお話があった。ありがとうございました。
I visited Olympus for the interview. They will kindly introduce some of my photos on their web. Persons in charge were Mr. Chikugo, Mr. Hirata and Mr. Sakuma (writer). Thank you for your time there. For your reference, Mr. Chikugo was the one who worked so hard to introduce our Photo Fieldwork course on their web. (Picture from right, Mr. Chikugo, Mr. Sakuma). I could meet Mr. Matsuzaki who has been working so hard for our Fieldwork course. He explained about Mr. John Issac's talk at the school, too.


こうして明日(9月16日)、韓国プサンへ向かいます。
I will depart for Pusan, S. Korea tomorrow on Sep16.


言った本人たちが覚えているかどうか知らぬが、「日本のカップラーメン食べたい」という要望が女子からあったので、明日持っていくバックはカップラーメンでパンパンです。
I don't know if they remember or not, but my students (girl students) asked me to bring cup noodle from Japan. So, my bag is full of cup noodle.
s12P9150002.JPG




写真は全てオリンパスμ770SWで撮影
All photos were taken by Olympus mju770SW.



海外フィールドワーク引率ブログ2007 > 2007年09月 アーカイブ
07.09.12

Day 176 あと一週間  1 more week to go



本日、成田エクスプレスの切符を購入。

明後日、学校でミーティング。

そして日曜日、プサンへ。

学生たちもぞくぞくと韓国入りしている。

いよいよあと1週間。



I bought a train ticket for the airport today.

Then I will have a meeting at the school on the day after tomorrow.

And then I will depart for Busan, Korea on Sunday.

The students are also arriving in Korea one by one.

Our Fieldwork trip is actually ending in 1 week.


海外フィールドワーク引率ブログ2007 > 2007年09月 アーカイブ
07.09.03

Day 168 いよいよ9月 It's finally September



9月。海外FWもいよいよ佳境。
あと2週間で全員韓国プサンに集合する。
September has come and our fieldwork trip is almost coming to the end.
We are all meeting in Busan in S. Korea in 2 weeks time.


皆へ。思い残すことのないように祈っています。
I cross my fingers and pray for all the best for you.



海外フィールドワーク引率ブログ2007 > 2007年09月 アーカイブ
07.09.02

ジョン・アイザック氏 来日記念講演のお知らせ Information of Mr. John Isaac's Talk Venue



John Isaac(ジョン・アイザック)氏 来日記念講演のお知らせ
Information of Mr. John Issac's Talk Venue


ニューヨーク在住の写真家で、国連の写真部門のチーフも勤めたジョンアイザック氏が写真展のため来日し、日本写真芸術学校では講演会を開きます。国連在任中に訪れた国は100カ国以上。国連親善大使だったオードリーヘップバーンの専属写真家、また、マイケルジャクソンのツアーカメラマンなどもされました。講演会の詳細は以下のサイトをご参照願いますが、皆様、ぜひ足をお運び下さい。特に海外フィールドワークの学生諸君は必見です。写真に対する熱意を体中で表現しているような非常に魅力的な方です。
A former UN chief photographer Mr. John Issac from New York will visit Japan and will come to our school to hold a talk. He visited more than 100 countries as a UN photographer as well as working with Audrey Hepburn and Michael Jackson. For details, please see the web site listed as below. If you will have a chance, please come to see him. I especially recomend it to the Photo Fieldwork students. He is a very passionate person expressing his love and passion to photography. Don't miss it.


ジョン・アイザック氏講演日程 
John Issac's Talk Venue


■日時 Date
2007年9月29日(土) 15:10 ~ 17:30
Sep. 29, 2007 (Sat) 15:10pm - 7:30pm


■場所 Place
日本写真芸術専門学校
Nippon Photography Institute in Tokyo


■協賛 Supported by
オリンパスイメージング株式会社、オリンパス株式会社
Olympus Imaging Corp. & Olympus Corp.


■関連サイト(詳細は以下をご参照) For details, see the web below.
http://www.npi.ac.jp/blog/information/event/2007/08/john_isaac.html
http://www.johnisaac.com/