メインコンテンツへジャンプ

HOME / フォトフィールドワークゼミ詳細

フォトフィールドワークゼミ詳細

フォトフィールドワークゼミの詳細スケジュールです。

1・2年次

写真表現

様々な実践課題に取り組みながら、撮影と講評を繰り返すことで、組写真における効果的な表現方法を基礎から学んでいきます。

スタジオ演習

スタジオで5~6人のチームを組み、専用機材のセッティングや照明設備の基本操作を学びます。

英会話

海外での撮影や旅行を想定し、写真用語と旅行に関連するフレーズを中心に初歩的なレベルから英会話を学びます。

2年次

フィールドワークプランニング

学生自身が関心のある取材企画を立案し、下調べや撮影交渉など、取材を成功させるために1年という時間をかけて綿密な準備をするための授業です。より充実した半年間とするために欠かせないこれらの作業も、基本的なことから丁寧に指導していきます。

2年次海外フィールドワーク《マレーシア》

3年次海外フィールドワークを見据えた予行練習です。マレーシアにて約2週間のフィールドワークを行います。出発前に行う撮影プランや行動計画の立案から、現場での撮影に至るまで、半年間の海外フィールドワークを想定した実践に即した内容のプログラムです。

3年次

スクリーニング

約半年間の海外フィールドワーク期間中に、2度にわたりスクーリングを行います。プリント、セレクト作業を行いゼミ講師による講評を受けることで、それまでに訪れた国々での撮影を振り返り、その後の撮影の方向性を見極めていくことができます。

各地での写真展開催等の活動

フォトフィールドワークゼミでは「写真で社会に貢献しよう」をテーマに、海外フィールドワーク期間中に「何らかの行動を起こす」という課題に取り組みます。例えば、写真展を開催する場合には、いつどこで、どのような内容にするのか。企画、場所、方法等すべてを学生たち自身で決断し、創り上げていきます。

自由取材の旅

自己が直面する問題を解決する能力を養うために、入出国の前後とホームステイ、協賛企業主催の写真展実施期間以外は、自由取材となり、撮影のみならず移動や宿泊も含めて各自で計画した行程で行動します。

帰国報告会

半年間の旅で創り上げた作品や自身の体験を多くの人に「発信」する場となります。また、2年次のプランニングの授業での「企画・立案」、3年次の海外フィールドワークでの「実行・完遂」、そしてこの帰国報告会の「成果報告」という3点は、写真業界のみならずあらゆる業界での「仕事」の流れを踏襲しており、「仕事」のやり方の概念を自然と身につけることができます。

卒業作品展

3年間で学び、創り上げたものを発表する場です。後期授業により、帰国報告会からさらに完成度を高めた作品を展示します。多くの卒業生がこの卒業作品展の作品を基にし、様々なコンテストで各賞を受賞しています。

就職活動

今までに学んだ写真の知識・技術はもちろんのこと、異国の文化、言語、価値観の中で、どのような出会いがあったか、どのような問題が起きて、どう解決したかなどの旅での体験は、他の人には真似できないアピールポイントとなります。また、卒業作品展を目指して創っている作品をポートフォリオにし、就職活動に活かすこともできます。

卒業