メインコンテンツへジャンプ

HOME / カリキュラム

カリキュラム

●…必須 ★…選択

■ 必修科目(1年次:8科目 2年次:7科目 3年次:8科目)

科目 詳細 1年次 2年次 3年次
現代写真論 芸術や報道、広告分野など様々な角度から現代写真について考察し理解を深めるための授業です。    
スタジオ演習 スタジオで5〜6人のチームを組み、専用機材のセッティングや照明設備の基本操作を学びます。    
写真表現演習 I 写真表現において効果的とされる写真技法を実践しながら、組写真の効果的な表現を学びます。    
写真表現演習 II 様々な表現方法を実践しながら写真のメディアとしての特性理解を深めます。    
ファインプリント I 暗室におけるプリント技法の習得を中心に、デジタル作品でも良質なプリントを制作するための撮影知識等を総合的に学びます。    
ファインプリント II 目的に応じた感光材料の使い分けや特殊処理、カラープリントによる色彩設計といった暗室技法を学びます。    
画像処理Ⅰ コンピュータの基本操作から画像処理・加工・出力までの一連の作業の基礎を学びます。    
コンピュータ II 画像処理ソフトの応用操作を身につけながら、高度な写真のデジタル処理・加工・出力作業を学びます。    
コンピュータ III 高度な画像処理ソフトの操作方法を中心にデジタルの将来性を見据えた技術を学びます。    
フォトプレゼンテーション演習 I 写真展やホームページでの作品公開など、社会に向けて写真を発信するための手法を学びます。    
基礎ゼミナール 2年次に各自の創作意欲をテーマ作品として具体化するための感性や技術を磨きます。   ●×2  
ゼミナール 2年次までに身につけてきた知識や技術を基に、各自の年間テーマ制作を行います。     ●×2
異文化交流演習(1年の留学生のみ) 日本語の基礎やビジネスマナーだけでなく、日本での就職を目標とした面接試験対策まで学びます。    
作品制作演習 I.II.III 各自のテーマ作品に基づき、公募展や就職(面接)試験に向けて、ポートフォリオを制作します。
クリエイティブポートレート演習 人物を被写体とした作品の制作を目的とした撮影演習。設定したコンセプトに合った世界観のビジュアルを作るためのテクニックを学びます。    
スタジオライティング スタジオワークの基礎を理解し、被写体を忠実に表現するためのライティングを学びます。    
ディベート演習Ⅰ テーマ設定やプレゼンテーションの機会などに、他者の意見にも耳を傾ける柔軟性と論理的な言葉によって自分の考えを主張できる能力を身につけます。(基礎)    
ポートレート演習 人物撮影の基礎を幅広く学びます。基本的なポートレート撮影やインタビュー撮影などのスキルを身につけます。    
フィールドワーク 国内で、国際交流や調査取材を目的としたフィールドワークを行います。また、その結果を学内展示や写真集などにまとめます。    
フィールドワークプランニング 海外フィールドワークに向けて、調査・検討を繰り返し、実現の可能性や意義を含めて企画・立案を行います。    
ディベート演習Ⅱ 海外フィールドワークで各自が訪れた国々について、自分の考えや意見を出し合い議論することで、撮影対象やテーマに関する理解を深めます。    
海外フィールドワーク 約6ヶ月の海外フィールドワーク。自分で立案した企画に沿ってアジア各国で撮影取材を行います。    
海外フィールドワークスクーリング 3月中旬から出発して5月末に一時帰国し、本校校舎内で前半の振り返りをはじめ、後半の撮影に向けて企画内容の確認をします。    
プレゼンテーション演習 HPやポートフォリオ(作品集)のまとめ方など、作品としてより効果的に見せるための展示方法を学びます。    
文章表現演習 II 海外フィールドワーク時の取材活動等の結果を文章で表現できる文章力を身につけます。    
エディトリアルワーク 海外フィールドワークで撮影した写真による写真集制作を通して、総合的に写真の編集能力を身につけます。    
フォローアップ講座 写真業界の動向を踏まえて、より高い知識や弱点克服が必要な内容を学びます。また、キャリア形成に関する講義などを行います。    

■ 選択必修科目(1年次:0〜2科目 2年次:0〜2科目)

科目 詳細 1年次 2年次 3年次
英会話 初歩的なレベルから英会話を学びます。英語力だけではなく国際感覚も身につけます。 ★※1
メディア論 メディアが発信する情報を整理・分析することで、高度情報化社会におけるメディアの捉え方を学びます。 ★※2
社会学 現代社会の構造を学び、時事問題を取り上げ探求することなどを通して社会的な視点からの作品づくりに必要な知識を身につけます。 ★※2

※1:1・2年次どちらかで必ず受講します。 ※2:1・2年次どちらか1科目は必ず受講します。

■ 選択科目 実習系(1年次:3科目 2年次:2科目 3年次:1科目)※実習系、講義系より選択

科目 詳細 1年次 2年次 3年次
フォトクリエイティブ演習Ⅰ 自作のポートフォリオ作成を軸に、作品制作の企画からプレゼンテーションまでをトータルで学び、写真表現の基礎を身につけます。
フォトクリエイティブ演習 II 共通の場所やテーマにおいて作品制作を行い、撮影後のディスカッションや講評などで各自の個性を伸ばしていきます。
フォトアート演習 I 芸術としての写真表現という観点から、自作の写真集の制作などを中心に、様々な可能性を模索する授業です。
フォトアート演習 Ⅱ 撮影という行為を繰り返しながら作家に必要な継続力と独自の視点と育成を目的とした授業です。
Web表現演習 ホームページの作成するための技術やデザインのノウハウを身につけます。
ビジュアルデザイン イラストレーターというソフトを使ったデザインの基礎を学びます。
マガジンメイキング 基本的なポートフォリオの作成から始まり、最終的には少部数の写真雑誌を出版することを目標に雑誌制作を多角的に学びます。
文章表現演習 I 文章力や語彙力を高めることを目的として、基礎から応用までの文章の表現方法を身につけます。
風景写真演習 大自然から日々生活している場所まで、風景写真を撮影するテクニックを学びます。
ファッションポートレート 体や顔の表情の基本的な捉え方や、流行のライティングなどをモデル撮影によって学びます。  
デジタル表現演習 twitterやFacebookなどのSNSを利用したプレゼンをはじめ、今の時代ならではのデジタル写真表現を学びます。
ムービー制作実習 一眼レフカメラによる動画撮影を、CM制作などの実習を通して学びます。
ダークルームⅠ・Ⅱ 暗室でのモノクロプリント技法の基礎から応用まで習得します。
ルポルタージュ演習 取材活動を通して知り得た事実を文章によって正確に伝えるためのノウハウを学びます。
写真創作演習 様々なテーマを短期間で撮影しポートフォリオなどにまとめる作業を反復することで、写真表現における個性を伸ばします。  

■ 選択科目 講義系

科目 詳細 1年次 2年次 3年次
写真史 写真の発展に大きな影響を与えた技術や作家などを中心に、写真の歴史について基礎的な知識を習得します。
写真科学 写真機材や感光材料の製造、薬品処理の構成などを理論的に把握し、データ収集によって理解力を深めます。
編集出版論 出版にかかわる工程(企画・編集・印刷・製本)から編集技法を学びます。
ドキュメンタリー写真論 写真の持つ根本的な記録性を認識し、具体的な事例を基にドキュメンタリー写真の在り方を学びます。
美術造形論 コラージュやオブジェの制作によって、色彩感覚や平面・立体感覚を鍛え、平面で表現する写真に活かします。

■ 特別科目

科目 詳細 1年次 2年次 3年次
特別講義ワークショップ 著名な作家による講演形式の講義やゲスト講師によるワークショップなどを実施します。
スターティングワークショップ 写真の世界を「知る」「体験する」ためのワークショップ。色々な写真から自分自身の将来の方向性を考えます。    
1年次春期合宿 屋外撮影実習などを通して、基本的な撮影技術の確認とクラスメイトとの親睦を深めることを目的とした合宿です。    
期末・進級・卒業審査 各学期末には半年間の学習成果を確認する審査が設けられています。後期末の審査は各年次に合わせて進級審査、卒業審査となります。1年次は共通の課題、2年次はゼミ別の課題になります。
卒業作品集 作品のセレクトからレイアウトまで、実際の編集作業を体験しながら作成します。    
進級・卒業作品展 作品発表の集大成となります。特に卒業作品展では一流の写真家たちと同様に、都内各所の著名なギャラリーで開催します。
進級・卒業オリエンテーション 無理なく進級し、実り多い卒業となるよう、学習プランの組み立てから個人相談まで含めて指導し、スムーズな学習環境を整えます。
進路・就職ガイダンス 卒業後を見据えて1年次から実施します。業界の将来性や動向を含めて就職環境を学び、目標とする企業の内定を目指します。

■ フォトフィールドワークゼミのみ 特別科目

科目 詳細 1年次 2年次 3年次
国内研修 「フィールドワーク」の授業内でプランニングした内容を基に海外フィールドワークの練習となる取材撮影を行います。    
海外研修 フランスで開催されるアルル国際写真祭に参加します。また、フォトフィールドワークゼミでは、マレーシアにおいて3年次の海外フィールドワークを想定した取材撮影研修を行います。※フォトフィールドワークゼミのアルル研修は希望者のみ。    

■ 総合写真研究ゼミのみ

科目 詳細 1年次 2年次 3年次
海外研修合宿 フランスで開催されるアルル国際写真祭に参加します。    

■ 認定科目

科目 詳細 1年次 2年次 3年次
写真技能検定3級、2級(※2級は3年制のみ) 厚生労働省認可の国家検定取得を在学中に取得することを目指します。合格すると「写真技能士」の称号を得ます。  
DTP関連資格検定 編集にかかわる者に必要と思われる各種アプリケーションソフトの検定やそれに準じた資格などを単位として認定します。
学外写真展認定制度 審査制度を設けたギャラリーでの写真展や、オリジナリティ溢れる個展などに対して、単位として認定する制度です。
インターン制度 学生が一定期間、写真業界などの企業の中でアシスタントとして働き、就業体験を行います。    
NPIポートフォリオコンペティション 自らの作品をポートフォリオにまとめ、学内コンペティションによって最優秀賞を選出します。

卒業認定 画像専門課程 Ⅰ 部 3年制 3年以上在籍し、卒業に必要な2,550時限数以上の科目を履修します。
※選択年次は年度により変更する場合があります。