2012年07月 の アーカイブ

~神宿る蝶~

二日間過ごした戸隠の奥社には戸隠森林植物園があります。
ここでも、逢えました。
長野の戸隠へ修行に出てい・・・ましたかな(笑)
あちこちガタがきた体調を整えるために戸隠の奥社へ登ってきました。
参拝道の入口から片道2kmでしょうか、往復を考えると・・・^^;;;
日本の霊山というかパワースポットからエネルギーをいただき体調が復活しました(^O^)/
写真のような杉の巨木の下を延々と歩き終わると、ひたすら上り坂・・・お参りしてから下っては、隣にある戸隠森林植物園でアサギマダラと日が暮れるまで遊んでいた私(笑)
そう、渡り蝶のアサギマダラです。
君はどこから来たのだろうか・・・五月に房総で撮影したのは、おそらく小笠原ルートだとしたら、このアサギマダラは沖縄方面からやってきたのだろうか?
npi_135_2008_08_03_長野・戸隠・アサギマダラ.JPG
三日、日曜日の戸隠は暑かった。
さすがに暑さでアサギマダラは緑に包まれた木陰で休んでいた。
戸隠森林植物園を散策していたら、異様な光景に出会った。
キヤノンやニコンの500~600mmを大型三脚に構えた年配の人の数、40~50人。
後ほどメールで鳥を撮る友人から教えてもらって知ったのだが、彼らの狙いは赤い鳥だという。
う~ん、アマチュアの人っていい機材持っているなぁ~と素直に感心してしまった^^;;;
でも通路を一日占領するのは・・・やめてくれぃと思う・・・気持はわかるけどね。
BOSO彩響ブログ August/2008 より

~ねぇ?~

npi_134_2009_10_18_大多喜町・上総中野駅・ムーミン.JPG
ムーミン?(笑)
昨日は快晴のいい天気・・・珈琲まみれの布団を干したのは言うまでもない(笑)
新たな撮影地を開拓~と市原市へ。
ゴルフ場の山間の道をどんどん走っていくと、車一台がやっとの林道へ。
こんな山奥なのに民家があり、生活している人々がいるのには驚きました。
地図もなくさ迷っていると、あらあら大多喜町へ。
ひょいと出た先は・・・小湊鉄道の上総中野駅の近く。
鉄ちゃんを楽しんだのは言うまでもない(笑)
心のどこかで、今日はここの駅で撮影したいなぁ~と想っていたので、本当に上総中野駅に辿り着いた方にサプライズでした(爆)
やっぱり駅ってドラマがたくさんありますねぇ~紅葉の大混雑の時期ではなかったので列車の本数も少なく、待ち時間は蝶を撮ったりしてまったりしていました^^
いすみ鉄道のキャラクターがムーミン一家になっていたのは知らなかった^^;;;
BOSO彩響ブログ 18/October/2009 より

~おもひでの時間~

npi_133_2008_08_14_湊・灯篭流し.JPG

わいわいがやがや縁日の時間は、子供たちが賑やかで、発電機のやかましい裸電球の空間はわくわくを惹きつけられるものですね。
金魚すくい、焼きソバにお好み焼き、クレープにりんご飴、綿菓子、チョコバナナ、七色のカキ氷とか食い物ばっかじゃん・・・(爆)
雑誌のおまけの付録が50円だったかな、ついつい買ってましたね。
皆が夢中になっているのが、型抜き(笑)
針でうまく綺麗に型取りするとおこずかいがもらえるから、一回300円払って皆真剣。
でもね、そう問屋が卸さずにうまくいく直前で崩れてしまうものです。
そしてまた熱くなって、ハイ300円と知らぬうちに2,000円以上を使っている子もいたな(笑)
ほとんどが祭りとかの、2日間のわずかな時間だから、誰もが笑顔で童心に帰って楽しいおもひでですね^^
写真は金魚すくいです^^;;;

BOSO彩響ブログ 14/August/2008 より

~命をつなぐ~

npi_132_2008_04_23_白浜・ウラナミシジミ産卵.JPG
今朝は曇っていましたが、陽が上がるにつれてぼわ~っという感じでだんだんと青空が見えてきました。
富津~鴨川~和田~千倉~白浜~館山と海岸沿いを走らせました。
休日の混雑が嘘のように、のんびりと時速50kmで走行しました。
時折、ひんやりとした海風が心地よく頬を撫でてゆきます。
日曜日に訪れた白浜の海岸にもう一度行ってみましたが、お目当ての蝶はまだ来ていませんでした。
富津では夏から秋に大発生するこの蝶。
翅がボロボロな感じから越冬したウラナミシジミと出合えました。
ファインダー越しによく見ると、産卵していました。
あえてピントを眼ではなく、大事な仕事をしている尾に合わせてみました。
命を継ぐという視点から見たら、今の世の中は平和になるのだろうか・・・?

☆この時、竹内校長と親しい隔月風景写真誌の石川編集長さまからのコメントの一行が深いいの一言でした。

『いつも、私のブログにコメントをいただきありがとうございます。「命をつなぐ」素敵な写真ですね。「ピントは心のピントが合ったところに合わせるもの」とおっしゃったのは大将☆さんの師匠でしたが、この作品を見てその言葉を思い出しました。』

ハッとしました。
時を経て、こうして師の教えを間接的に伝えられるとは・・・ピントはこうでなきゃならないという呪縛から抜け出していた自分に気づいた時でもありました^^

BOSO彩響ブログ 23/April/2008 より

~夏休み~

npi_131_2009_08_05_湊・夕焼けじょしちゅー.JPG

綺麗に夕空が染まってくれましたね~☆^^☆
海岸で中ポーが遊んでいました。
何をしているかと想ったら急に夕焼けに向かってロケット花火を・・・昔ならば野郎の遊びなのに^^;;;

BOSO彩響ブログ 15/August/2009 より

~蒸籠な気持ち~

全国ン億人ブログファンの皆様、おはようございます(爆)
昨日の蒸し蒸し蒸籠のような残暑の気持ちを庭に遊びに来たにゃんこ先生に表現していただきましたm(__)m
では・・・『うが~あぢあぢあっぢぃよ~』(爆)
にゃんこ先生の表現は名優ですね~フェイスがホラーっぽくて恐いですが、ありがとうございました(笑)
npi_130_2009_08_22_湊・オカルト猫.JPG
庭に地蜂が巣を作っている動きに惹かれて猫ちゃんが入れ替わりやってきます。
動きが面白いんだろうねぇ~楽しませていただきましたけど(笑)
さてっと、山に草刈りに行って、虫虫虫スナップしてまいりますっと^^

BOSO彩響ブログ 22/August/2009 より

~雨上がりの交響曲~

npi_129_2010_10_04_湊・雨上がりの夕焼け.JPG

雷とともに降り出した豪雨が去ると夕空は素晴らしい音色が響き渡りました。
海道草撮影で、たえず何かないかぁ~と無心でアンテナをはりめぐらしていると素晴らしい出合いの瞬間と遭遇する確率が高くなりますね^^
風景の神様に感謝です♪

BOSO彩響ブログ 04/October/2010 より

~たいこくどう~

npi_128_2011_02_16_君津・たいこくどう.JPG

こちら方面に用事があり、ランチに君津市は地元の愛称パー線こと久留里線の久留里駅近くにあるタイ料理の店『たいこくどう』さんにお邪魔してきました。
タイ風チャーハンとタイ風ラーメンは、めっちゃ美味でした^^
ちびちゃんの笑顔に癒されましたよ~☆^^☆

(掲載許可はいただいております^^)

BOSO彩響ブログ 16/February/2011 より

~THE☆アメリカの車~

npi_127_2011_09_15_湊・アメ車.JPG

ただシンプルに前に真っ直ぐ走る、ひたすら力強く走る、いっぱい乗れる、シンプルなデザインには男心をくすぐる無骨さ・・・なんかいいんだよねぇ~☆^^☆

BOSO彩響ブログ17/August/2011より

~ギヤマンクラゲ~

npi_126_2010_02_17_鴨川・ギャマンクラゲ.JPG

ガラスのように透き通る体が美しい・・・調べてみたらギヤマンとはオランダ語でカットガラスのこと。
デジタルはこのような被写体のアプローチを可能にしてくれた・・・。

BOSO彩響ブログ 17/February/2010より

~元気よく~

npi_125_2011_01_19_湊・白井青果と犬.JPG

足をとられても、相棒と元気に力いっぱい踏みだして行こう^^

BOSO彩響ブログ19/January/2011より

~THAILAND~

npi_124_2011_09_13_湊・トゥトクトク.JPG

今日も残暑たっぷりの一日。
気分を変えるためにEOS20D出動!
見て下さいこの画質。
2004年9月に発売したカメラですからもう7年!
まだ7年?えぇ~そんなもん?
しち、七、七と言えばEOS7Dは画質に納得できず、目黒本町のカメラ屋さんへ。
ある意味APS-Cデジ一眼はこれで十分とも言えるね。
800万画素でデータも軽いし^^
HDDいっぱいにならないし(笑)
そんなわけで海道草撮影のおともへ。
そしたら、なんでトゥトクトゥが走ってんの?(笑)

ちなみにおいらの好きなドレッシングはタイランド(笑)

BOSO彩響ブログ 13/September/2011より

~時の行者~

npi_123_2009_02_09_木更津・貴婦人n.JPG

時空を超えて私たちの心を揺さぶりかけてくる・・・。
地をはうように、煙を吐き出しながら、重圧感たっぷりにやってくる。
この風景は、路面電車のような生活に密着した時代のような・・・それは、まさに昭和がここにある。
SL C57-180がここに差しかかった時に、土砂降りの雨がいい演出をしてくれた。
SLと関わった様々な世代に、今の世代にもそれぞれの想いでとなって・・・。

BOSO彩響ブログ 09/Feburary/2009より

▲ページの先頭へ戻る