2012年03月 の アーカイブ

~写真の大切さ~

npi_116_2008_03_18_明石さんn.JPG
25年以上の付き合いある、Aさん。
元々はGolfを通じての知り合いだったが、20年以上前の青二才の頃は散々小言を言われて、苦手な人だった。
でも、自分が歳を取って様々な経験をしてくると、若かった自分へのアドバイスと気づいたのはここ数年のことだ。
色々と仕事が時代の変化とともに移り、今は山の道路沿いで竹細工をせっせと編んでいる。
竹細工は教わったわけでなく、見よう見まねで試行錯誤で生み出したそうだ。
73歳の今でもGolfを楽しまれているのには、脱帽である。
人生の師匠はどこにでもいると思う。
一番の身近な師匠は気づきにくいけど親かもしれない。
この世で尊い仕事は、お百姓さんであるという考えは私と一緒だ^^
なぜならば人々のために食べるものを、お腹を満たせるものを作れる無償の労働って素晴らしいと思う。
だってお腹がいっばいに食べれるのって幸せでしょ?
それは、どんな紙や数字で0を稼いでも敵わないものだ。
今だからこそ言える、あの頃うるさく言ってくれて、ありがとうと^^
~BOSO彩響ブログ2008年3月18日より再掲載~

昨年の11月にAさんが住んでいる地元に行った時、Aさん最近見かけないねぇ・・・と話したら9月に竹を採りに行きそのまま帰らぬ人となったそうです。
心で感謝して泣きました。
何にもお礼らしいことは出来なかったけれど、生意気な若造の頃うるさく言ってくれた昔に感謝です。
ありがとうと・・・。
そして写真で残せてよかったなぁと。。。

~Facebook~

npi_115_2012_02_05_南房総市・白間津_親子.JPG
うるう年の2012年2月29日、重たく湿ったぼた雪だった・・・と憶え続けていけますよねぇ^^

昨年の三月にTwitterを始め、先月とうとうFacebookなるものを始めてしまった。
使ってみてどう?と思うけれど今のところは面白いと言える。
日本写真芸術専門学校の同級生や先輩に後輩、先生に職員を含めたら一つのリストが出来てしまった。
これからはもう会う事のない人だろうなぁって方とも知りあえるようになった。
写真と人生のペースを持っている人にとっては、すぐに語れる場だなぁと、もちろん礼儀というものはわきまえた上で。
親しき仲にも礼儀ありというのは永遠に忘れてはいれませんね・・・それで色々と迷惑をかけた自分がいます(笑)
NPI時代にそういう迷惑をかけた同級生とも再び繋がりを持てた。
少しずつ迷惑かけた自分を謝りながらの気持ちでコンタクトしていきたい・・・。
今の時代に感謝^^

あと十日ほどで、あれから一年をむかえる。
日本人の忘れていた情けの心を思い出させてくれた日とも言えるだろう。。。

▲ページの先頭へ戻る