2011年09月 の アーカイブ

~招かざる族~

npi_108_2011_08_29_湊・アオサギとモーターバイク.JPG
我が物顔のように轟音を上げてジェットバイクが通り過ぎてゆく。
彼らは遊びだが、アオサギは今を死に物狂いで生きている。
静かな水面に魚をひたすら待っていたのに、その経過は全てが泡となる。
人間っていつから、生きるのを生きられるのを当たり前に当然と己惚れるようになったのだろう。
その日の食料は保証されている。
好き嫌いして好きなものばかり食べる。
実際は他の命をいただいて今を生かされていることを忘れてというより、思わなくなってしまっている。
今年の地震や台風からの震災は、警告なのだろうか・・・?
震災で亡くなった人達は、自分達の身代りで亡くなった・・・という思いならば今以上に生きねばならぬよね。
自殺する勇気があるならば、生きる方に飛び込んで人のために生きる勇気にした方がいいじゃないか?

▲ページの先頭へ戻る