2011年03月 の アーカイブ

〜緊急募集・東北関東大震災の被災地に贈る「風景写真家1000人のメッセージ」〜

お久しぶりのBOSO大将☆です^^
若き未来の写真家の皆さん、是非ご協力をお願いします。
私たち日本写真芸術専門学校で学んだ写真家でしか出来ないメッセージの『希望』をお届けしましょう☆^^☆

各 位
この度の震災により、被害に遭われた皆さまには心よりお見舞い申し上げます。
『風景写真』編集部では、風景写真愛好家の方々と力を合わせてできることとして、「風景写真家1000人のメッセージ」を企画いたしました。
たくさんの皆さまのご応募をお待ちしております。お知り合いの方にもぜひこの企画を広げてください。
隔月刊『風景写真』編集部より

緊急募集・東北関東大震災の被災地に贈る「風景写真家1000人のメッセージ」

[概要]
あなたが撮影した風景写真に応援メッセージを添えて、編集部宛にお送りください。
応募1点につき500円を弊社より拠出し、日本赤十字社を通じて被災地に寄付いたします。
応募いただいた作品は『風景写真』2011年5-6月号(4月20日発売)に掲載いたします。
ただし、掲載できるのは先着200名程度となります。誌面に掲載できなかった作品も含め、すべての作品は弊社ホームページ上の特設ウェブサイトにて、メッセージ付きで掲載します。
あわせてサイトでは、義援金を受け付ける予定です。受付についての詳細は5-6月号と弊社ホームページでお知らせします。

[応募詳細]
●テーマ「希望」
被災地に届けたい「希望」のメッセージを、あなたの風景写真とともに伝えてください。著しく趣旨に反しない限り、被写体、作品のグレードは一切問いません。どなたでもご参加いただけます。
※応募できる写真は、横位置のみです(6×6判はトリミングする場合があります)。
※ご応募はお一人1点のみとさせていただきます。

●応募方法
ポジまたはデジタルデータを、必要事項とともにお送りください。
プリントでの応募はできませんのでご注意ください。

●作品について
(1)ポジフィルム
マウントに必ず名前を記入してください。
また、作品の返却を希望する場合は、必ず返却用の封筒を同封してください。封筒には、応募時と同額の切手を貼り、返送先の住所と氏名をお書きください。返却は5月末までに行います。
※ポジフィルムをご自宅のスキャナーでスキャンしていただき、データでの応募も可能です。詳しくは(2)をご覧ください。

(2)デジタルデータ
専用アドレスからメールでご応募ください。郵送での応募はご遠慮ください。
○保存形式:JPEGのみ
○ファイル名:応募者の氏名としてください。(例:「風景太郎.jpg」)
○画像サイズ:5メガバイトまで。可能なら、以下のサイズに加工してください。
 ・解像度:350dpi
 ・サイズ:長辺100ミリ

●必要事項
・応募者氏名、住所、電話番号
・作品(お一人1点のみとさせていただきます)
・作品の撮影地(例:「○○県○○市」。撮影データは不要です)
・応援メッセージ(20字以内)

●締切
2011年3月24日(木)消印有効

●応募先
・メールの場合:fukei_1000@fukei-shashin.co.jp
・郵送の場合:隔月刊『風景写真』編集部「1000人のメッセージ」係
〒113-0033 東京都文京区本郷5-28-1サトービル3F(TEL:03-3815-3605)

●お問い合わせ
隔月刊『風景写真』編集部 TEL:03-3815-3605(11時〜16時まで)

[ご注意ください]
・この企画は、コンテストではありません。雑誌への掲載は、原則として弊社に届いた順に行います。また誌面に掲載しきれなかった作品は、すべて弊社HP上の特設ウェブサイトにて、メッセージ付きで掲載します。
・発表・未発表作は問いません。ただし、既発表作は出版権が制限されている場合もありますので、必ずご自身でご確認ください。
・郵送中の事故・破損については、一切責任は負いかねます。
・お預かりした個人情報・画像データについては、本企画のみに使用し、企画終了後は消去いたします。

~笑ふということは~

npi_100_20100222_勝浦・行川小学校雛祭り.JPG
小さな頃って誰でも人を見上げていたものだ。
赤ちゃんがニコッと笑うと幸せの波調が広がっていく。
見上げるということは、上を見るわけだから、謙虚さもあり信じるという気持ちもあったはず。
成長とともに、背が伸びて見上げられなくなって行くと、心から素直さが消えて行く。
なぜなんだろう・・・見下すというものを知るからかな。
瞬時に誰もを笑わせられる人、その時に幸せに出来る人ってたくさんの苦労に学んだ人は、人の心を傷つける言葉は言わない。
一つの才能なのか?
いや、違う。
それは、自分が苦労した分の相手に対する思いやりの心があるからこその笑いだろう。
そんな人になりたい・・・笑う門には福来るって云うじゃないか。
FW6期生の出発はもうすぐですね。
熊倉局長は今年から若手にバトンタッチ。
今までお彼様です^^
6期生の皆様、またブログにお邪魔させていただきますので、宜しくお願いしますね^^

▲ページの先頭へ戻る