2010年07月 の アーカイブ

~癒しのひととき~

npi_79_2010_07_23_湊・ルリシジミ.JPG
ブログを始めて気がついたら一年経ちました。
二つのブログをかけもちでやるのは、しんどいかなぁ~とも思いましたが、コンセプトを決めておいて、それをベースに守っていくおかげでモチベーションを維持できました。
疎いブログをいつもご覧になってくれてありがとうございますm(__)m

毎日、灼熱の日々ですね^_^;
皆さんも体調に意識して気をつけて下さい。

早朝、車に水をかけていたらフロントガラスにルリシジミがやってきました。
灼熱で雨が降らずに砂漠に近い状態、水が欲しかったのか一生懸命に水を吸っていました。
予期せぬ出合いの瞬間。
ありがとうルリシジミさん、短い命の繋ぎの力になれてよかった^^

~Smile again~

npi_77_2010_07_17_湊・夕焼け・富士山・お散歩老人.JPG
先週の火曜日の昼間に車を走行中に交通事故を起こしてしまいました。
それ以来、自分は生かされているという事を強く意識して思うようになり、生きている意味ってなんだろうと深く感じるようになりました。
師匠の竹内先生の今の姿は昔とは違うけれども、今をありのままに受け入れると前向きに進めるというのを背中から学ばせていただいています。
それには奥様の力があるからこそでもありますよね。
自分の名誉のためとかよりも、目の前に出逢った一人の方を瞬時に幸せにして笑顔にしてあげる方が凄い事なんじゃないかとも思います。
赤ちゃんは何にも出来ないけれども誰でも笑顔にさせてくれる・・・それこそ素晴らしいお手本でもあるのではないでしょうか?
ん~無害な人でい続けられればいいなぁ・・・(笑)

~Ways~

npi_76_2010_07_01_湊・夕焼け.JPG
視野の広さと経験が重なった時、道はひとつだけじゃなく幾多にもあるのに気づく・・・。
知らぬうちに我が師匠の竹内敏信先生が校長先生に・・・^^;;;
私が教わった頃は、ビビットなフィルム、フジクロームベルピアの登場とともに竹内先生は上昇気流に乗り始め、竹内ゼミや写真芸術表現の授業で、叩き込まれた写真の意味に気づいたのは卒業して8年の歳月が経って風景を撮るようになった時です。
ゼミでの私のメインテーマは朝夕陽、スポーツ、鳥。
朝夕陽はポジのスリーブで20本以上、プリントは大四ッ切モノクロプリント最低30枚以上がノルマでした。
それを毎週金曜日の竹内ゼミの授業で先生に観ていただくわけですが、或る日、いつものようにドッサリ作品を差しだしたら、『なんで自分の作品を半年以上まともに見ていないのに、重田の写真を見なきゃならないんだ』という言葉は今でも忘れられません^^
あの頃の一生懸命の時間が自信となり今の自分を支えてくれてるとも言えるのではないでしょうか・・・。
今でも竹内先生の眼力はドキッとして恐いです、ハイッ(笑)

▲ページの先頭へ戻る