2010年05月 の アーカイブ

~HELLO!!!!!~

npi_69_2010_05_21_湊・黒犬.JPG
またしても断念・・・昨夏のベルリン世界陸上、サッカーワールドカップ南アフリカ大会の撮影が・・・。
今回は場所が場所だけに100%の安全の保障は無いという。
自分でボディガードを雇わねばならないし、そんな金は無い。
今回の大会で安全な場所は競技場のみで、それ以外はデンジャランスゾーンだ。
南アフリカ全土からの警官は競技場の警備にやってくる・・・競技場以外は・・・誰もいないようなもの。
数少ない大型のバスとかは、大会のお偉方が借りきっているので一般の観客の交通網も無いような場所だ。
昨年にこのお話をいただいてから、ギリギリまで検討を重ねてきたが、今の自分の立場からは命をとる。
昨年、南アフリカにスポーツ競技の取材に行った方の話では、ネット回線が超アナログで、これなら伝書鳩を飛ばした方が早いと真剣に考えたほどだから、今回プレスセンターが機能するかは未だに謎だし大会が開催されるのかも謎だ。
日本のプレスはメディアツアーを組んでの安全な団体ツアーだが、外国からの依頼で行く私は何があっても自己責任のみ。
Npiを卒業してサッカーJリーグを撮影していた頃の夢が目の前にあったけれど・・・悔しいけれと、撤退する・・・。


~少年の響き~

npi_68_2010_05_16_富津海岸・Boys.JPG
シンプルに波が来て全力でダッシュ・・・童心の気持ちは永遠に忘れたくない・・・。

~薫る風に馨る~

npi_67_2010_05_03_湊・藤の花.JPG
藤の華は天から見守るように咲き、風に逆らわずそよいでいる・・・なおかつ、その存在感は心を魅了します。
フジイグラフィを知ったのは80年代の終わりの頃の写真雑誌だったと記憶している。
日本写真芸術専門学校に入学したのが1990年。
特別講義に藤井先生のFグラがあるのを知ってサプライズした。
わずか数回、藤井先生とお会いした印象は、哲学者でもあり寡黙な人という感じでしたが短い詞で伝えるのは重みがり、スムーズに心に染み入ったのを憶えている。
もう20年という歳月が流れてしまったのだなぁ~とふと思った・・・私もその分だけ歳を重ねたわけだ。
新しいものを追求するのが芸術家たるものというのをFグラの授業から学んだ時でもあり、決して人を責めずにヒントを投げかけてくれる姿勢はいまでも見習いたいです。
あの頃は短かった授業でしたが、出合えた一瞬にとても感謝しています。
藤井校長先生、安らかにお眠りください。
天国で秋山先生と出合えたのでしょうか・・・?

~bluesy~

npi_66_2010_04_25_売津・新緑風景06.JPG
どんな世界にも憂いを帯びたドラマがある・・・。

▲ページの先頭へ戻る