2010年04月 の アーカイブ

~Day by Day~

npi_65_2010_04_26_湊・月と雲.JPG
桜の頃も過ぎて、薫る風の頃に・・・。
薫る風という詞を初めて教えられたのは、写真学校時代の竹内師匠の授業。
それって何?という私でしたが^^;;;
ちょうど今頃というか、八重桜が満開の新宿御苑で撮影実習。
当時の私は、風景をよくわかっていなくて、目の前の情景に何をしたらいいかわからなかった。
卒業して数年は、撮影実習のアシスタントとして呼ばれていましたが、それでも風景というか自然を描くのがまったくわからなかった。
形ではなく、心で描写するというのが・・・。
ようやく何かをつかみかけてきたのが、それから数年後・・・フィルムを何千本と撮影して、結果に悩んで悩んだ果てに光に気づいた・・・。
教えられて気づくよりも、自分で悩んで気づいた果ての答えは本当の実力となる・・・あの頃の積み重ねが、今の自分の支えとなっている^^

~MIRAIへちかみち~

npi_64_2010_04_17_湊・リュウゼツラン・太陽.JPG
スポーツも写真もそうだけど、何事も継続して続けていないと勘というか腕が鈍ってしまう・・・。
やはり継続して撮り続けるというのは大切で、そんなことをしなくて大丈夫という人って、無難な置きに行く失敗しない写真しか撮らないから、心ここにあらずという感じを受けます。
毎日毎日感性赴くままに撮影して、被写体を探して、キョロキョロしてウロウロするのって知らず知らずのうちに自分を成長させてくれて、その時間が未来への自分の投資となっていると思う。
今の結果ばかりを求めるのじゃなくて、今は今の自分に出来る限りの力を出し切るのが未来への自分の自信となる・・・。
NpiのFWというのは、その時間に集中するには良い時間を過ごせている環境でもあるが、それがなくても普段の生活の中で出来るのはもっと凄いと思う。
それぞれの心の持ちようだねっ^^

~Legend~

npi_63_2010_04_04_豊岡・ハコスカ.JPG
時を経て語り継がれるものは、今も変わることなく心に響く・・・。

~瞬華爛満~

npi_62_20100403_湊・さくら.JPG
今年の春、桜の開花は早かったのですが、満開になるまで寒の戻りで雪があり4月の初めにようやく満開に・・・。
フィルム時代は、人工物は入れないようにこのような風景は撮らなかったのですが、デジタル時代になってこの風景も有りだな・・・と受け入られるようになってきました。
FW5期生達はハノイに入りようやく本格的に始動という感じのようです^^
日々をプログで報告があり彼らの所在を知るなんて、一昔で言えばスパイ映画のような時代になったものですねぇ~楽しみですね☆^^☆

▲ページの先頭へ戻る